指揮者紹介

泉 翔士  

1991年生まれ。千葉県出身。5歳からピアノを、12歳から吹奏楽部にてテューバを始める。高校入学後に指揮者を志し、海上自衛隊東京音楽隊の内堀穣氏の下で指揮の研鑽を積む。

東京音楽大学指揮科及び同大学院音楽研究科指揮研究領域修了。大学院での研究テーマはショスタコーヴィチを中心とした戦時中のソヴィエト芸術。

4回井上道義による指揮者講習会優秀賞受賞。これまでに指揮を広上淳一、田代俊文、三河正典、内堀穣、ピアノを神代麻子、野田清隆、テューバを田中眞輔、音楽理論を伊左治直の各氏に師事。

 21st Century Orchestra Tokyo音楽監督、黒門吹奏楽団常任指揮者、八千代フェスティバルバンド常任指揮者、医科学生ウィンドオーケストラ指揮者、津田沼ユニバーサル交響楽団副指揮者を務める他、多くの学生団体及び市民楽団に客演している。最近では消防音楽隊との共演等、活動の幅を広げている。

指揮のみならず、コンサート、コンクールでの伴奏や、協奏曲の弾き振り、ジャズアンサンブル等、ピアノ奏者としての演奏活動も積極的に行っている。

 

Twitter:@cond_zoomin
ブログ:「人生棒振り日記」http://spring2327.blog.fc2.com/

中城 良

1995年生まれ。東京都杉並区出身。
明治学院東村山中学校・高等学校を経て2017年東京音楽大学

作曲指揮専攻(指揮)を卒業。
大学主催の“打楽器教員コンサート”で日本を代表する

フルート奏者、工藤重典氏とジョリヴェの協奏曲で協演。
広島交響楽団定期演奏会にてエリザベト音楽大学合唱団を指揮し協演。
指揮を広上淳一、田代俊文、三河正典に、

作曲・和声・対位法・スコアリーディングを高橋裕、植田彰に、
ヴァイオリンを中村静香、上田敏子に、ピアノを阿部薫、

小菊馨子、高橋雅代、廣野まや子の各氏に師事。
 現在、中野弦楽アンサンブル“ナ・カージョ”常任指揮者・黒門吹奏楽団常任指揮者